京都きらら幼稚園|学校法人雲母学園 認定こども園

ごあいさつ

2歳児クラス『つぼみ組』 子育て支援事業『あそびにおいでよ!』
 

『無限の可能性を開く創造教育を』

学校法人雲母学園 理事長 熊本マリ子

学校法人雲母学園 理事長 熊本マリ子近年、著しい発達をとげた脳科学の知見によれば、人間の脳は3歳までに65%、6歳までに80%が、すでに完成をみるのだといわれています。限りない可能性を秘めて、頭も心も身体も豊かに育つ幼児の“いま”を人間の生涯にわたる教育の最も重要な適期であると私達は考えています。

京都きらら幼稚園の実践する新しい幼児教育は、子どもの人間発達を見据えた脳科学を背景に、知・情・体の調和のとれた生活環境を整え、「動きと言葉とリズム」を基調とした、より適切な経験を積極的に繰り返し与えていく働きかけにほかなりません。その一つ一つが、子ども達の自ら育つ力を引き出し、個性を育て、創造力を生み、そして、生きる喜びへと昇華していくものでありたいと考えるのです。

こうした私達の教育への願いを具現する園舎のもと、新たな科学的知見と40数年にわたる幼児教育の経験を加味しながら、豊かに子ども達を育てるという願いを同じくするスタッフ、また保護者の皆様とともに、力を合わせて精一杯に励んで参りたいと願うものです。どうか当サイトをご高覧いただきご検討の上、園児募集にご応募賜りますことを切にお願い申し上げ、ごあいさつとさせていただきます。

『子どもたちに寄りそって』

京都きらら幼稚園 園長 太田秀雄

“永遠に紡ぎたいこと”

人間の生きる営みは、ずっと続いていきます。昨日の今日を明日もまた… 永遠に紡いでいきます。
人が人として繋いでいくことで最も大切なことは何か。今までの教育活動において不易の観点で特に意識してきたのは、「笑顔」と「挨拶」です。
笑顔で心を開き、自分から挨拶をする。すると周りの人は必ず気持ちよく応えてくれます。
この積み重ねを幼児の心に植え付けることにより、自信に満ちた人間の土台を創っていける園でありたいと思っています。

“子どもと接するとき”

保護者の皆さまが子どもたちと接する際、おそらく多くの方が「子どもの良い点に注目して接したい」という思いをお持ちのことと思います。
子どもの良い点に関しては、①子どもが知っていて、保護者も知っている点 ②子どもが知っていて、保護者が知らない点 ③子どもが知らなくて、保護者が知っている点、という3つ以外に、④子どもが知らなくて、保護者も知らない子どもの良い点、という4つ目のポイントがあります。
これこそが、教育者として私が大切にしてきた、教育の根幹を成すものであると思っています。
その子がどんな可能性を秘めているのかにワクワクしながら、一人ひとりの子どもをじっと見つめ、子ども自身も保護者も気づいていないその子の良い点を探してきました。
子どもたちは豊かな感性に溢れた動きを、自分の思うままに繰り広げます。
特に幼児にとっては、日常の全てが大いなる体験です。ちょっとしたことが発見となり、発見が喜びとなり、喜びは自信へとつながっていきます。
保護者の皆さまには、皆さまが子どもたちを大切にしているということを、子どもたちに十分に伝えていただきたいと思います。
自分が愛情に包まれているという感覚ほど、子どもたちの心を飛躍的に成長させる起爆剤となるものはないでしょうから。

当園では、幼児・保護者・教職員のトライアングルを信頼と協調でしっかり繋ぎ、「みんなで育つ みんなが育つ」環境をつくっていきます。

上へ