京都きらら幼稚園|学校法人雲母学園 認定こども園

モバイル表示

園長ブログ

2歳児クラス『つぼみ組』 子育て支援事業『あそびにおいでよ!』
 

1月のご挨拶2022.1.5(水)

新年を迎えての感慨
<新年を迎えるとは>
新年とは令和4年1月~令和4年12月までです。
『お正月』とは年神様で、神様の呼称です。
つまり自然そのものが神であり、特に農耕に関わる神様であり、自然崇拝の総体としての神です。
日本では、宇宙時代に入った21世紀も、お正月には神社にお参りします。
単なる習慣では、と見做すのが普通ですが、お正月に神社で感じる清清しさは私たちの心身に残っています。
2年前の上賀茂神社の権祢宜(ごんねぎ)さんがつくづく言っていました。
『疫病退散(快癒)を祈願する祭事がイベント行事になったので、日本のコロナは終わらない』
先日この権祢宜さんは「最近若い人が真剣にお参りするようになった」そこで私は「日本で異常なまでに欧米と異なり、コロナ感染が減少したのはその為でしょうか?」と聞いたら、「そうだと思う」と言われました。
手洗い・うがい・マスク・自宅自粛・三密防止、どれをとっても欧米のようなロックダウンなくして、国内では後手対応と批判されましたが、ウィズ・コロナ(コロナと共に生きる)が徹底したからだと思います。
私たちは自然との共生で生きてきた、何千年という内在化した精神性を育んできていたのです。
以上から、今年こそ謹賀新年「心を平静に謹んでありがたい年を迎えるかけがえのない年」にしましょう。
今、最も新しい児童観(子ども観)は、<児童神性論>ではなく<科学的児童観>でもなく、「子どもこそ自然である。」ということで、頭と心や精神と身体、発達と障害、社会的格差や平等といった社会科学的分析で、問題と対策としての保育ではなく、私たちの足元にある文化・伝統・精神性で今を全体として習び、再構築してこれから自然と子どもをいつくしみ、育みたいものです。
最近流行りの本に倣い(ならい)、『人新生(ひとしんせい)の「乳幼児教育」』の誕生の年としましょう。

★京都市左京区の認定こども園 京都きらら幼稚園★

上へ

12月のご挨拶2021.11.29(月)

令和3年の師走の断章
コロナの2年を総括して考えるには、あまりにも貴重な日常を欠いた中での考察で、未来を全ての子ども達に託した心もとない印象です。
しかし、脱コロナ新年を迎え、希望の令和4年を迎えるため、今年の園だよりのまとめをしたいと思います。
私の着任はコロナで始まり、コロナで終わりそうです。
オリンピックが1年延長され、2021年なのに2020年とされて無観客の実施、全国の都市・町村レベルの選手との直接の交流が失われ、ほとんど「おもてなし」とはほど遠くなりました。
小学校から大学まで「オンライン」という授業が導入され、人間関係がかつてないほど失われ、いたるところ断絶というべき現象が日常化され、市幼保総合支援室まで密を避ける手段の1つとして、積極的にオンラインを利用してほしいとの呼びかけをしました。
この中で、先生達は実によく働きました。しかし、限界があります。
マスクをして(表情を見せず)子ども達に触れないで、子育ては可能なのでしょうか。
スマホの子守歌で寝かせ、起こし、泣きやませる等が異常と言われることが話題にならないほど日常化する一方で、育児放棄や学齢期の子どものいじめ、自殺の増加は子ども達の希望を失わせます。
しかし、だからこそ子ども達は、日々のこの状況でも未来を拓きつつ、確実に成長しています。
このように成長してやまない子ども達と生きる幸せを、私達大人は感謝していきましょう。
新年にはお正月様(年神様)を迎え、来年の歩みをしたいものです。

★京都市左京区の認定こども園 京都きらら幼稚園★

上へ

11月のご挨拶2021.10.29(金)

<これからの時代に求められる能力を育む>(その8)

 運動会を何とか終えましたので、上記標題について<これからの時代><求められる><能力><育む>に分けて再考し、コロナ後を踏まえて考えたいと思います。
<これからの時代>
 新型コロナウイルス感染症は、あと3年程度でインフルエンザ並みになると予想できます。
私はこの園に来て、これほどコロナに振り回されると思いませんでした。
 着任してすぐ明徳小の講堂でした(雨のため)。次の年は4部制に分けて園庭、そして本年は何とか明徳小でできるよう準備しプログラムを作成しましたが、直前実施不能になり2日に分け園庭で行いました。
 これからの時代、人間が育つのにIT機器が不可欠になるという幻想めいた希望は消失しつつあります。それではどうすれば良いでしょうか。
 私は、今の子ども・若者たちに任せるべきだと考えます。
 <求められる>
 求められることは、私たちが責任を持って考えられるのでしょうか。
 グローバルの時代にこれ程コロナ対応が異なる国々の姿を見るだけで、何が真実で何が科学的か、専門家・政治家・民衆は的確に捉えられたでしょうか。
 悪あがき的教育で生き抜く今の子どもたちこそ未来を拓き、デジタル時代を生き抜く力をつけていると思います。求められる世界も能力も、子どもたちに内包されていると考えるべきです。
 <能力>
 コロナで子どもたちの能力が毀損されたと教育の専門家が声高に警告していますが、子どもたちの能力をみくびってはいけません。
 破壊されたのは私たち大人の能力であり、子どもたちは後退せず前進しています。心の傷とか生きる力を子どもが失っていることは全くありません。
 これが、私がこの園で体験した子どもの能力・底力です。
 子どもたちは常に大人たちの思い・考えを凌駕して成長していきます。
 <育む>
 私たちが園を続けるのは、子どもの成長力、その根拠となる能力を信じ、それを支援する保護者の皆様の力を信頼するからです。
 <育む>力は、今回のコロナによって得た力強い学びでデジタル時代を超えて続きます。
 

★京都市左京区の認定こども園 京都きらら幼稚園★

上へ

9月のご挨拶2021.8.31(火)

先月に続き、乳・幼児期の保育教育の今後のIT教育について皆様と考え、9月からのスタートをするつもりでした。
 しかし、8月20日より再び「緊急事態宣言」が発令し、本園もさらに厳しい対応を迫られています。
去年のことを思い出し、実体験を振り返り、次の2点で歩みたいと思います。
 宣言発令中は、行事の再見直しはします。なるべく中止をせず
①延期もしくは ②内容を縮小 ③現在できるだけのITを使った発信 を行います。
 さらに、できるだけIT化するというより、今までの伝統やまわり道であっても、人間として大切な情操教育、音楽・体育・芸術(アート)を重視し充実し、運動会・リズム発表会を保護者の皆様に見学・体験していただくということです。
 見通しが立ちませんが、今年こそは去年と違い何とか実現して、皆様の五感で子どもたちの発達と内面の充実を頭でなく、心で感じてほしいと思っております。
 教育事務的側面のIT化は進めます。保育教育業務は、バーチャルではなくライブ・実体験・現実的に進めます。
 具体的には、去年からできていなかった参観は、各クラスの1日の活動をPCで見ていただけるように準備しております。
 私は、子どもの保育には父母ばかりでなく、父母の父母(グランパパ・グランママ=偉大な父母でありジジ・ババではない)の力が必須と思います。教育化と核家族化とデジタル化が、子どもたちの育ちをゆがめている気がしてなりません。
 少しでも、デジタル化にアナログとデジタルで接していくのが未来だと思います。
2学期からの保育教育にも、ご理解ご協力をお願いいたします。
 

★京都市左京区の認定こども園 京都きらら幼稚園★

上へ

8月のご挨拶2021.8.3(火)

<これからの時代に求められる能力を育む>(その5)
 本園の保育教育の現況と未来への方向を、デジタル革命進行と並行して考えます。
あらゆる分野で進行するIT化のめざす価値は、
①現代文明の資本主義(そのグローバル化)と深い関わりがあります。さらに
 ②科学主義と技術革新
③結果主義(成果主義ともいう)
④大衆民主主義で語られる利己的な個人主義も日常化しています。
 教育分野の具体場面で表現すると
①教育のインターナショナル化・グローバル化(英語教育の導入)
②タブレットやスマートフォン・SNSの隆盛(学校のみならず家庭でも)
③有名小から一流大学合格指向(エリート教育への投資としての学校教育)
④世間体の中の我が子への関わり(うわさや流行の情報拡散・深化)
 このような現況の底流にある世間の流行に、我々は流される以外にないのでしょうか。
 自主・自律的に育てるときの不易は、どのような言葉で表現できるでしょうか。
それが、『非認知教育』と『アクティブラーニング』です。
 だからといって、本園が全くデジタル教育(オンライン教育)に背を向けているわけではありません。
 京都新聞(令和3年)5月11日(火)の市民版に「オンライン保育現状は?」として
「京都きらら学園」(下京区)と「大谷園林保育園」(下京区)の実践が掲載されています。
 次号で本園と対比して考えたいと思います。

★京都市左京区の認定こども園 京都きらら幼稚園★

上へ

最近の投稿

月別アーカイブ