京都きらら幼稚園|学校法人雲母学園 認定こども園

モバイル表示

園長ブログ

2歳児クラス『つぼみ組』 子育て支援事業『あそびにおいでよ!』
 

6月のご挨拶2021.6.1(火)

<これからの時代に求められる能力を育む>(その3)
 前回述べましたように、京都府の令和3年度に目指す学びの深化・転換に、“認知能力と非認知能力を一体的に育む”とありました。
 今までの認知能力を伸ばす教育は、教え、教え込み、できない子どもは「能力不足」とか「勉強しない」とか評定され、「努力しよう」とか、ひどい時は「落ちこぼれ」と言われることさえありました。
 表題の『これからの時代』には、100年以上の歴史を持つ教育観が示しているのです。
 「求めるもの」から「求められるもの」に変わることを示しているのです。
 つまり、先生が子供に教え込むのではなく、自ら学ぶ子供に育つことを期待して教育しようとしているのです。
 早速、この幼少連携に通じる大阪の私塾の教育理念に感心しましたので紹介します。

 <効率化の時代に、非効率が価値を生む。>
 『受験に必要なものだけを効率よく学ばせない。
  遠回りしても、手を焼いても
  体験させ、褒めて、体当たりで指導する。
  
  知識より知恵を!  正解より疑問を!  作業ではなく創造を!
  時代に振り回されることなく、しっかりとした自己肯定感を持ち、
  生きている喜びを感じれる子どもをご家庭と共に育てます。』(以上引用)

 園児たちの現在を新型コロナウィルス感染症に振り回されることなく、確かな未来のため保護者の皆様と協力して共に育てましょう。

★京都市左京区の認定こども園 京都きらら幼稚園★

上へ

5月のご挨拶2021.5.6(木)

<これからの時代に求められる能力を育む>(その2)
 今の<流行>は何でしょう。京都府教育委員会の「学校教育の重点」から引用します。
 令和3年度に目指す学びの深化・転換に主題として“認知能力と非認知能力を一体的にはぐくむ”とあり、この中で目指す学びが提示されています。
 (認知能力) … 評価が数値で示すことが可能な能力。例えばテストです。
 (非認知能力)… 数値化して示すことが困難とされる能力。例えばコミュニケーショ
ン能力、自尊心、社会性等です。
この2つの能力はどちらも大切なので、一体的にはぐくまなければなりません。
 義務教育の目標として掲げられた2つの能力を、0から6歳の乳幼児保育教育で考えれ
ば、当然全て非認知から認知への調和的・漸進的発達へとなるでしょう。
次に、<保育・学習指導の重点>さらに幼児から小・中・高と続く教育課程の中で、幼
児期の教育を取り出して、以下4点を列挙すると
①自発的活動としての遊びの充実
②「聞く」「話す」「伝え合う」体験の充実
③幼児の特性に即した指導の充実
④小学校との円滑な接続があります。
 次号から本園の活動内容にいかに組み込まれ実践されているか、IT化の動向を含めて続けます。

★京都市左京区の認定こども園 京都きらら幼稚園★

上へ

4月のご挨拶2021.4.8(木)

<これからの時代に求められる能力を育む>(その1)
 私は、本園に着任して1年半になります。
 それ以前は保育園に5年、さらにその前は小学校で40年余、戦後教育の様々に変化する波に翻弄されました。私の卒論はデューイの『民衆主義と教育』でした。
日本はアメリカの教育使節団の指導で民主主義教育が実践され、教育委員会制度・PTA(ペアレンツ・ティーチャー・アソシエイション)・社会科の設置・義務教育制度(6・3・3制)、そして修身・国史の廃止など一気に変革されました。今考えても大変革でした。
 本園の子どもを考えて思うことは、教育の変遷と普遍性(流行と不易)です。
 保育教育の未来に必要な不易は、『非認知教育』と『アクティブラーニング』です。
 戦前・戦後という区切りを超えて、人類誕生以来続いているのはこの二つです。
 古希を過ぎて教育に携わった私は、今まで様々な教育思想・理念に惑わされてきました。しかし、今静かに心に沈潜した二つのことを、この京都きらら幼稚園で身に染みて感じています。子どもたちはナニで育ち、ナニで社会的個人として、自主自律できるのでしょう。
 本年もこの岩倉の地で、新しく入園された方々と共に学んでまいります。
 次回は急速に進みつつあるIT化(流行)について皆様と考えたいと思います。

★京都市左京区の認定こども園 京都きらら幼稚園★

上へ

12月のご挨拶2020.12.1(火)

<不易と流行>
『教育とは心情のことであり、母のことである。』(1746~1827スイスの幼児教育実践家)ペスタロッチが語りました。
近代から現在まで、教育の普遍的(不易)の原理と私は思っています。
明治5年(教育令)が日本の教育の大転換であったように、戦後の『教育基本法』に更なる転換をし、再出発して70年余り経ちました。
いまだ変わらない<不易>は(「心情」情操教育と「母」産み育む)こととして、戦後も生き続けて現在に至っています。
<流行>とは、現在行われている「知・情・体」の内容そのもののことです。
毎日(日案)・毎週(週案)・毎月(月案)・毎年(年間行事計画)で変容・進化して子どもの育ちの実践を確実に支援しています。

コロナ渦の第三波が京都においても深刻化が予想される現在ですが、コロナへの対策は保護者の皆さまの協力を得てしっかりと行っております。
このような状況で園としてはコロナに振り回されない、人間教育の根本たる乳幼児教育の重要さが、今ほど希求されている時はないと思っています。
この厳しい環境でこそ、園児は<不易>に基づく<流行>を母の心情で、毎日深く確実に結実していくようにいたします。

本園は、<「知」脳力を育てる。「情」温かい人間性を培う。「体」たくましい体をつくる。>未来を切り拓くちからを育む三要素を三位一体として提示し、展開しています。
これからも「情」を根底においた人間教育を行ってまいります。

★京都市左京区の認定こども園 京都きらら幼稚園★

上へ

11月のご挨拶2020.11.2(月)

全日本私立幼稚園連合会の機関誌「私幼時報(2016版)」の表紙に、幼稚園は子どもが初めて出会う学校です、と書かれています。
本園は、幼保連携型認定子ども園です。
幼保連携とは、文部科学省管轄の幼稚園と厚生労働省管轄の保育園が、内閣府で一元化されてできた保育教育機関です。
従って本園では、両方の良い点を連携して、保育活動と教育活動を進めています。
日常の活動(遊びを基本とした学び)を幼保連携型認定こども園教育・保育要領に準拠して行っています。
時々、他園の方や教育実習生の学生さんから、「この園は学校みたいだ。」と言われることもありますが、標題の機関誌のとおり『初めて出会う学校』なのです。
ですから、運動会で行ったマット・鉄棒運動・跳び箱・平均台では、ロイター板上の跳躍・踏み切る足・手をつく位置など、運動調整力が園児の運動感覚回路の活性化、心身の健全な発達をはかるうえで重要です。
これらを毎日の体育ローテーションで培い、脳への豊かな刺激を与え脳幹を鍛えるなど、京都きらら幼稚園ではレディネス(土台となる準備体験学習)として行っているのです。
本年度は全園児ではなく、それぞれの学年を詳しく見ることができたと思います。来年度は、本年度の貴重な体験を活かし一層発展的で充実した運動会を実施したいと思います。
園長 松本 浩二

★京都市左京区の認定こども園 京都きらら幼稚園★

上へ

最近の投稿

月別アーカイブ