京都きらら幼稚園|学校法人雲母学園 認定こども園

園長ブログ

2歳児クラス『つぼみ組』 子育て支援事業『あそびにおいでよ!』
 

新園長ご挨拶2019.9.2(月)

この度、9月1日より園長として就任致します松本(まつもと)浩二(こうじ)です。
幼保連携型認定こども園として京都市初めての認可・認定を受けた本園は、既に伝統になりうる歩みを続けております。
年度途中の園長交代ではありますが、前任者ともしっかり引継ぎを行い、皆様のご期待に添えるよう努力していく所存です。
幸い西村博学園長が深い教育のご経験を生かした実践の示唆・指導をきめ細かく行っておられるので、私も姉妹園びわこきららこども園の池野園長先生とも連携して更なる発展の歴史を園児・保護者・教職員の理解と協力のもと進めていきたいと思います。
私の好きな学園長の句
『まなこ開け 自己の心 確かめて 子等の特性 見つめた手立て』
園児への眼差しの前に自己研鑽を行い、一人ひとりの良き点をしっかり把握して、仲間と共に育み、保育教育をしていきたいと思います。
重ねて、皆様のご支援ご協力をお願い申し上げます。
令和元年9月1日
認定こども園 京都きらら幼稚園
園長 松本 浩二

★京都市左京区の認定こども園 京都きらら幼稚園★

上へ

Be vigilant against natural disasters2019.7.16(火)

保護者の皆様にはお変わりございませんでしょうか。
乳児棟には、お願いの短冊いっぱいの竹が置いてありました。
一枚一枚の思いを読ませてもらいました。一人ひとりの気持ちがよくわかり、胸が熱くなります。
5日(金)は、「七夕の集い」でした。人形劇を、三線の沖縄の音色に合わせての踊りを、最後は七夕の歌でお開きとなりました。
元気の良いこの子達の願いが叶いますように。

現在、梅雨前線を熱帯低気圧からの湿った空気が刺激して各地で大雨となり、日本各地に被害をもたらしています。
7月のこの時期は、一昨年は九州北部豪雨、昨年は西日本豪雨と毎年続いています。
安心安全な日常が送れますよう願うのみです。
気象庁も、「敏感になってほしい。危ないと感じれば自治体の避難勧告の発表前から避難してほしい」と呼びかけています。
ご家族で意識されての生活をよろしくお願い致します。
いよいよ子どもたちがわくわくしている夏休みが始まります。
たくさんの体験をさせてあげてください。
心身ともに大きく成長した姿で2学期始業式に会えるのを楽しみにしています。

★京都市左京区の認定こども園 京都きらら幼稚園★

上へ

Turn the dirt playground into a lawn playground2019.6.28(金)

梅雨入りを間近に、今から気分を引き締めなければと思っています。
生活リズムをしっかりもって乗り越えましょう。
雨に濡れたあじさいの花のあざやかな姿も頭に浮かびます。元気をもらえるのを楽しみにしています。
6月15日の土曜参観の折には、大変お世話になりました。
前日までの天気予報ではかなりの確率で雨予報でしたが、当日は芝生植えが終わる時刻まで曇り空で推移してくれました。
天候に感謝!!保護者の皆様と一緒になっての作業。お子様にとって、とても貴重な体験になったと思います。
成長の折々でこの記念すべき園庭の芝生植えを思い出してほしいと思っています。
私も毎朝園庭を見ていて、ピンポイントで植えられた芝生が早く伸びてくれますようにとお願いしています。
降水の吸収を良くする、土ぼこりが飛散しないので健康上に良い、表面温度が土と比較して4~5℃低く熱中症予防になるなどの利点を「芝生植えのお願い」でも書かせていただきましたが、芝生の上で動き回るであろう園児を思いながらうれしさを感じています。
園児の皆さん、この環境でたくましく成長していってください。

★京都市左京区の認定こども園 京都きらら幼稚園★

上へ

The young leaves are good2019.6.10(月)

園内、また周辺に緑が多くなってきました。
樹々の若葉の成長はすばらしいですね。力強さを感じます。
正門のエントランスには年長園児が植えたトマトがあります。
そして、年少・年中園児が植えた『たねをまきました』の可愛い名札付きのひまわりとあさがおの苗は、先日保護者サークル『お花の会』の皆様のご協力のもと、園児たちが大きいプランターに植え替えをしました。
ありがとうございました。
毎日それらを見ていて、心身ともに伸びやかな心地にさせてもらっています。
登園時の子どもたちの何人もが立ち止まり、保護者の方とお話しながら見ています。
とても微笑ましいです。
親子の語らいを大切にしながら、私もさり気なく会話に入らせてもらうこともあります。
何に興味関心の入り口があるかわかりません。いろんな機会を捉えて子どもの成長の基がしっかりするよう、保護者と職員が手を携えていければと思っています。
強まる日差しに夏の気配を感じる薄暑の日々です。水分補給を含め、お子様の体調管理に気をつけてあげてください。
                              園長  太田秀雄

★京都市左京区の認定こども園 京都きらら幼稚園★

上へ

It became a pleasant season2019.4.26(金)

5月6日前後の日は立夏で、春分と夏至の中間にあたります。
立夏は、もうすぐ夏がやってくるのが感じられる頃ですね。
木々の緑も日に日に濃さを増してきています。
そんな朝の毎日、年長組の「あいさつたい」の子ども達と一緒に正門の前で元気よくおはようございます!の挨拶。
登園してくる園児たちも元気な挨拶で応えてくれます。
そんな笑顔にふれて、とても清々しい気持ちで一日が始まります。
夏を思わせる陽気が、自然の力強さが、園児たちの積極さを後押ししてくれています。
園庭でも活発で楽しそうに友だちと遊ぶ光景は、見ていてとても微笑ましいです。
今の元気さが、5月上旬まで続く連休後も持続することを願っています。
連休は時間の都合で日ごろできないことをどうぞご家族で計画されて、お子様がいろんな体験を自分から進んでやる姿を見守ってあげてください。
一段とたくましくなって登園する様子を見るのを教職員一同楽しみにしています。
                          園長  太田 秀雄

★京都市左京区の認定こども園 京都きらら幼稚園★

上へ

最近の投稿

月別アーカイブ