京都きらら幼稚園|学校法人雲母学園 認定こども園

モバイル表示

園長ブログ

2歳児クラス『つぼみ組』 子育て支援事業『あそびにおいでよ!』
 

非認知能力の育成2019.12.24(火)

令和2年が始まろうとしています。9月から赴任した私にとって今日までの4か月はとても期待が充満した日々でした。
 保護者の皆さまの理解と協力、子育てに対する自己洞察力に裏打ちされた行動力です。9月に行った「公開保育・入園説明会・祖父母参観」の雰囲気はまさに在園する保護者の『非認知教育力』の発露といってよいものでした。園長と職員がどんな説明をするより、始めて参加する方々が現在通園している保護者の存在によって証(あかし)されていることを察知していたのです。
 私はこの「気」に促され励まされ支えられ歩んできました。この皆さま方の「気」力こそ非認知教育実践の原動力だったのです。
 言葉で教え込むことが『認知教育』です。『認知教育』は、一言でいえば言葉で恣意的意図的に教え込むものです。昨今の子どもをめぐる問題の根底はすべてこの事実を証明しています。つまり、『認知教育』の限界が露呈しているのです。
 『非認知教育』は科学分析的に説明できるものではありません、ただ、この『京都きらら幼稚園』には充満しています。
 それは「運動会・作品展・バザー」においても深く感じることができました。一方先日バレーボール大会に行きましたが、OGチームにも在校生チームでも島津アリーナで発揮されていました。これこそこの園の全ての教職員、そして最も大切な子どもたちを育てる『非認知教育』の実態と成果です。私はこの『気の力』をしっかり浴びて生かされ、教職員と皆々様に励まされ来年も精進していきたいと思います。

★京都市左京区の認定こども園 京都きらら幼稚園★

上へ

里子預かりから幼稚園誕生2019.12.6(金)

この岩倉の地には、岩倉具視、東久邇宮稔彦親王、明治天皇の母などが里子として育ちました。
里子とは、他人に養育をゆだねられた子のことです。大正13年には洛北一帯(岩倉、上高野、修学院、一乗寺等)で251人もの里子が確認されております。わずか482軒の岩倉の地に里子が98人もいたのですから驚きです。
我が子への虐待が問題となる昨今からすると他人の子を自分の子と一緒に大切に育てていた洛北は素晴らしい保育機能をもった地域であることが伺えます。
京都のみならず大阪・兵庫の家庭、さらには東京の人もいました。預けられた里子は、今の幼稚園と同じように小学校入学前に実家にほとんど帰りましたが、その後も小学校卒業までいた子が少なからずいました。
里子預かり料は当時の24歳男子の月給程度であったことを考えると、けっして少ない額ではありません。
このように幕末から始められた公家を含む子どもたちの養育が盛んだったことを考えると、この地域は歴史的に保育の重要な地であったことがわかります。
私たちの『京都きらら幼稚園』も100年以上の保育の伝統の地に建てられていることを想うと感慨深いものがあります。これからもこの岩倉の地に根付いた未来を見据えた保育教育をしていきます。
                                     園長 松本 浩二

★京都市左京区の認定こども園 京都きらら幼稚園★

上へ

過去のない未来はない2019.11.1(金)

『京都きらら幼稚園』は『洛北せいか幼稚園』を受け継いで創立したものです。
さらに辿れば、『洛北せいか幼稚園』は三宅八幡宮の境内を割愛して創立されています。
由緒ある『三宅八幡宮』は小野毛人・小野妹子に通じる推古朝の歴史まで遡ります。
つまり、朝鮮・中国(隋)に続く、およそ1500年前まで史実としてたどれるところです。
その後、平安京造営の際の岩蔵〈王城鎮護の経文を納めた〉でした。
個々の平安京揺籃のトポスの先進地域ですから京都市に編入されたのは戦後なのです。
この様なトポス(地勢的・史的に論述可能な場)に未来を拓く『京都きらら幼稚園』に園児たちが毎日育っているのです。
私はこの文化芳醇な地に育つ園児と保護者に有り難い感謝のご縁を日々感じております。
この古代からの歴史的な地に育つ子どもたちは日本と世界の未来をどのように展望していくのでしょうか。
私は、西洋文明にさらされた日本が(インド・中国・東アジアを含む)アジアに再び回帰する大きな歴史の転換期を迎えていると思います。
ラグビーワールドカップは、このことを今現在、日本が実現しつつあると実感しました。
全人教育をめざす本園はあらゆる可能性をこのアジアにおいて開花していかなければなりません。
アジアの盟主となって西洋諸国と対決するのではなく、令和天皇即位の儀に100カ国以上の外国の賓客を招いて日本の過去の象徴的儀式を国民の祝日として世界の平和と共に祝えたことこそ、園児のきらら幼稚園の未来理念です。

★京都市左京区の認定こども園 京都きらら幼稚園★

上へ

10月園長ブログ2019.10.2(水)

朝夕の涼しさに秋の訪れを感じる頃となりました。
園長職を拝命して1ヶ月が経過しました。
この期間『京都きらら幼稚園』での(発見)を基に私の(展望)を述べたいと思います。
 (発見1)
園児は言うに及ばず教職員、特に保護者の皆様が本園の保育教育に戸惑い、不安を持たず、敬老参観・入園説明会の行事を通して本園に期待・信頼を寄せてくださっていることを発見しました。
 (発見2)
 保護者の皆様・教職員が広く大きな自己肯定感を共有していることです。園児一人ひとりに向かい合い共に育ちあうのに最も必要な心情です。(『京都きらら幼稚園』に通って良かった。)
この思いを会う人ごとに発見できました。
 (展望)
 園長としての仕事は上記の(発見)を皆様と共有して、マネジメントの根本にします。
そして後期は、この素敵な環境に展開していきます。皆様の期待と信頼にこたえられるように。

★京都市左京区の認定こども園 京都きらら幼稚園★

上へ

新園長ご挨拶2019.9.2(月)

この度、9月1日より園長として就任致します松本(まつもと)浩二(こうじ)です。
幼保連携型認定こども園として京都市初めての認可・認定を受けた本園は、既に伝統になりうる歩みを続けております。
年度途中の園長交代ではありますが、前任者ともしっかり引継ぎを行い、皆様のご期待に添えるよう努力していく所存です。
幸い西村博学園長が深い教育のご経験を生かした実践の示唆・指導をきめ細かく行っておられるので、私も姉妹園びわこきららこども園の池野園長先生とも連携して更なる発展の歴史を園児・保護者・教職員の理解と協力のもと進めていきたいと思います。
私の好きな学園長の句
『まなこ開け 自己の心 確かめて 子等の特性 見つめた手立て』
園児への眼差しの前に自己研鑽を行い、一人ひとりの良き点をしっかり把握して、仲間と共に育み、保育教育をしていきたいと思います。
重ねて、皆様のご支援ご協力をお願い申し上げます。
令和元年9月1日
認定こども園 京都きらら幼稚園
園長 松本 浩二

★京都市左京区の認定こども園 京都きらら幼稚園★

上へ

最近の投稿

月別アーカイブ