京都きらら幼稚園|学校法人雲母学園 認定こども園

モバイル表示

園長ブログ

2歳児クラス『つぼみ組』 子育て支援事業『あそびにおいでよ!』
 

11月のご挨拶2021.10.29(金)

<これからの時代に求められる能力を育む>(その8)

 運動会を何とか終えましたので、上記標題について<これからの時代><求められる><能力><育む>に分けて再考し、コロナ後を踏まえて考えたいと思います。
<これからの時代>
 新型コロナウイルス感染症は、あと3年程度でインフルエンザ並みになると予想できます。
私はこの園に来て、これほどコロナに振り回されると思いませんでした。
 着任してすぐ明徳小の講堂でした(雨のため)。次の年は4部制に分けて園庭、そして本年は何とか明徳小でできるよう準備しプログラムを作成しましたが、直前実施不能になり2日に分け園庭で行いました。
 これからの時代、人間が育つのにIT機器が不可欠になるという幻想めいた希望は消失しつつあります。それではどうすれば良いでしょうか。
 私は、今の子ども・若者たちに任せるべきだと考えます。
 <求められる>
 求められることは、私たちが責任を持って考えられるのでしょうか。
 グローバルの時代にこれ程コロナ対応が異なる国々の姿を見るだけで、何が真実で何が科学的か、専門家・政治家・民衆は的確に捉えられたでしょうか。
 悪あがき的教育で生き抜く今の子どもたちこそ未来を拓き、デジタル時代を生き抜く力をつけていると思います。求められる世界も能力も、子どもたちに内包されていると考えるべきです。
 <能力>
 コロナで子どもたちの能力が毀損されたと教育の専門家が声高に警告していますが、子どもたちの能力をみくびってはいけません。
 破壊されたのは私たち大人の能力であり、子どもたちは後退せず前進しています。心の傷とか生きる力を子どもが失っていることは全くありません。
 これが、私がこの園で体験した子どもの能力・底力です。
 子どもたちは常に大人たちの思い・考えを凌駕して成長していきます。
 <育む>
 私たちが園を続けるのは、子どもの成長力、その根拠となる能力を信じ、それを支援する保護者の皆様の力を信頼するからです。
 <育む>力は、今回のコロナによって得た力強い学びでデジタル時代を超えて続きます。
 

★京都市左京区の認定こども園 京都きらら幼稚園★

上へ

9月のご挨拶2021.8.31(火)

先月に続き、乳・幼児期の保育教育の今後のIT教育について皆様と考え、9月からのスタートをするつもりでした。
 しかし、8月20日より再び「緊急事態宣言」が発令し、本園もさらに厳しい対応を迫られています。
去年のことを思い出し、実体験を振り返り、次の2点で歩みたいと思います。
 宣言発令中は、行事の再見直しはします。なるべく中止をせず
①延期もしくは ②内容を縮小 ③現在できるだけのITを使った発信 を行います。
 さらに、できるだけIT化するというより、今までの伝統やまわり道であっても、人間として大切な情操教育、音楽・体育・芸術(アート)を重視し充実し、運動会・リズム発表会を保護者の皆様に見学・体験していただくということです。
 見通しが立ちませんが、今年こそは去年と違い何とか実現して、皆様の五感で子どもたちの発達と内面の充実を頭でなく、心で感じてほしいと思っております。
 教育事務的側面のIT化は進めます。保育教育業務は、バーチャルではなくライブ・実体験・現実的に進めます。
 具体的には、去年からできていなかった参観は、各クラスの1日の活動をPCで見ていただけるように準備しております。
 私は、子どもの保育には父母ばかりでなく、父母の父母(グランパパ・グランママ=偉大な父母でありジジ・ババではない)の力が必須と思います。教育化と核家族化とデジタル化が、子どもたちの育ちをゆがめている気がしてなりません。
 少しでも、デジタル化にアナログとデジタルで接していくのが未来だと思います。
2学期からの保育教育にも、ご理解ご協力をお願いいたします。
 

★京都市左京区の認定こども園 京都きらら幼稚園★

上へ

8月のご挨拶2021.8.3(火)

<これからの時代に求められる能力を育む>(その5)
 本園の保育教育の現況と未来への方向を、デジタル革命進行と並行して考えます。
あらゆる分野で進行するIT化のめざす価値は、
①現代文明の資本主義(そのグローバル化)と深い関わりがあります。さらに
 ②科学主義と技術革新
③結果主義(成果主義ともいう)
④大衆民主主義で語られる利己的な個人主義も日常化しています。
 教育分野の具体場面で表現すると
①教育のインターナショナル化・グローバル化(英語教育の導入)
②タブレットやスマートフォン・SNSの隆盛(学校のみならず家庭でも)
③有名小から一流大学合格指向(エリート教育への投資としての学校教育)
④世間体の中の我が子への関わり(うわさや流行の情報拡散・深化)
 このような現況の底流にある世間の流行に、我々は流される以外にないのでしょうか。
 自主・自律的に育てるときの不易は、どのような言葉で表現できるでしょうか。
それが、『非認知教育』と『アクティブラーニング』です。
 だからといって、本園が全くデジタル教育(オンライン教育)に背を向けているわけではありません。
 京都新聞(令和3年)5月11日(火)の市民版に「オンライン保育現状は?」として
「京都きらら学園」(下京区)と「大谷園林保育園」(下京区)の実践が掲載されています。
 次号で本園と対比して考えたいと思います。

★京都市左京区の認定こども園 京都きらら幼稚園★

上へ

7月のご挨拶2021.7.1(木)

<これからの時代に求められる能力を育む>(その4)

『デジタル革命』
本年から、文科省は無償でデジタル教科書を配布し始めています。24年度から本格的に導入します。しかし、東京23区の教育委員会は86%が懸念を示しました。
デジタル革命において、日本はアメリカ・中国・その他の国より遅れていることが指摘されています。
経済・教育・文化の面で世界をリードしていると自負していた日本は、いつの間にか後進国になろうとしているという危機感の表れがあります。
終戦生まれの私は、Windows3.1のPCから未来を予見し、小学6年生に「卒論」として画像・音・文章をCDに焼いて卒業させました。今思うと、PCからスマホへの移行を予見できませんでした。
「スマホ脳」を語る前に、既に幼児から大学生、そして社会人まで、数年でSNS・LINE・YouTube・ゲーム・ネットショッピングにどっぷりつかっている状況になっています。
「スマホ脳」は、日本も先進国と同様になっています。
7歳児でインターネットを毎日使い、11歳で全員スマホを持ち、3~4時間(スウェーデン)、9時間(アメリカ)という調査もあります。
結果、子供は<学力低下><自制心低下><注意力散漫>になり、依存性が高くなり、「スマホ中毒」ともいえる現象が増えつつあります。
そして、これは大人にむしろ顕著に表れています。つまり、我々から人間としての「精神的な健康」を奪っているのが現在ではないでしょうか?
英国では、スマホ保持を学校で禁止したら、成績が上がり 成績格差が縮小という実例もあり、教育デジタル化は何のために、そしてデジタル教育革命は幼児教育に必要なものなのでしょうか?
次号から、現在のきらら幼稚園の保育教育の実態を踏まえて考えていきます。

★京都市左京区の認定こども園 京都きらら幼稚園★

上へ

6月のご挨拶2021.6.1(火)

<これからの時代に求められる能力を育む>(その3)
 前回述べましたように、京都府の令和3年度に目指す学びの深化・転換に、“認知能力と非認知能力を一体的に育む”とありました。
 今までの認知能力を伸ばす教育は、教え、教え込み、できない子どもは「能力不足」とか「勉強しない」とか評定され、「努力しよう」とか、ひどい時は「落ちこぼれ」と言われることさえありました。
 表題の『これからの時代』には、100年以上の歴史を持つ教育観が示しているのです。
 「求めるもの」から「求められるもの」に変わることを示しているのです。
 つまり、先生が子供に教え込むのではなく、自ら学ぶ子供に育つことを期待して教育しようとしているのです。
 早速、この幼少連携に通じる大阪の私塾の教育理念に感心しましたので紹介します。

 <効率化の時代に、非効率が価値を生む。>
 『受験に必要なものだけを効率よく学ばせない。
  遠回りしても、手を焼いても
  体験させ、褒めて、体当たりで指導する。
  
  知識より知恵を!  正解より疑問を!  作業ではなく創造を!
  時代に振り回されることなく、しっかりとした自己肯定感を持ち、
  生きている喜びを感じれる子どもをご家庭と共に育てます。』(以上引用)

 園児たちの現在を新型コロナウィルス感染症に振り回されることなく、確かな未来のため保護者の皆様と協力して共に育てましょう。

★京都市左京区の認定こども園 京都きらら幼稚園★

上へ

最近の投稿

月別アーカイブ